FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

大相撲の行方

 2010-06-29
不祥事が続く大相撲ですが、もともとあったことが表舞台に晒される社会になっただけという見方もあるかもしれません。

しかし、その中で生きて行くには、自分達も変化していかなければ淘汰されてしまうということです。

私は、個人的には相撲に余り興味はなく、たまにスターが出て盛り上がった時に観戦する程度です。
サッカーも同じ程度かもしれません。

その相撲協会の中でかなりの人数が、反社会勢力と繋がって賭博をしていた疑いが強いのが今回の事件です。

さて今回は独立的という名目の調査委員会を作って調査し、何人かの比較的程度が重い親方や力士が懲罰対象となり、名古屋場所の実施が早々と決定されました。

私は、全容がまだはっきりしない中で、せっかく調査委員会まで作ったのに、名古屋場所開催に合わせたように決定が出たことに疑問を感じます。

思考のアプローチに”WHAT思考”と”HOW思考”がありますね。
ss
今回の相撲協会や調査委員会が出している結論は、どうもアプローチを間違えたようです。

今の相撲の置かれている現状は、

全般に国民の人気が落ちている、

不祥事が続いている、

日本人のスター力士がいない、

とかなり根本的に国民に愛される国技にもう一度最初から立て直すくらいでないといけない状況です。

その証拠に、NHKが名古屋場所の中継を行うかどうかに対する意見は、大半がNOです。

もう夕方のゴールデンタイムに何時間も国営放送で見たい存在ではなくなっているのです。

だからこそ相撲はこれからどうあるべきで、その中で今回の不祥事をどう処理して行くかという”WHAT思考”が相撲協会には求められるのです。

なのにいきなりどうしたら名古屋場所が開催できるのかといきなり”HOW思考”になっている相撲協会に明るい将来は見えません。

今回は、一新する絶好の機会なのですが.....各理事の顔を見ていると望み薄な感じです。

スポンサーサイト
カテゴリ :ちょっと一息 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://cfohiroshi.blog102.fc2.com/tb.php/478-e3921f1b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。