FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本振興銀行

 2010-07-14
金融庁から出資法違反に関し検査忌避の告発を受け、警視庁が日本振興銀行の家宅捜査を行い、先日、業績不振の責任を取って辞任した、元会長の木村剛氏にも嫌疑がかけられているようです。

木村剛氏と言えば、日銀出身で小泉内閣の竹中氏に重用され、金融関係のガバナンスや内部統制の整備などで重用された人物です。

言わば、コンプライアンス整備の核に当たるような仕事や発言をしていた人です。

金融庁は、当時融資に苦しんでいる中小企業を専門に助ける銀行を木村氏が旗揚げするというので、その政策への関わりも含め諸手を挙げて認可したのでしょう。

私も”会計戦略の発想法”という本を随分前に目を通したことがありますが、自分はコンプライアンス分野の一人者であるという自負が強く感じられる内容です。
長銀や住友商事の不祥事などを例に挙げて、企業の暴走をいかに防止するかを解説しています。
今、読むと興味深いかも知れません。

既に大きな事件となっているSFCGからの不良債権買取=実質融資という構造を紐解き、日本振興銀行自身が、コンプライアンスなき暴走に陥っていたのではないかという疑惑は、実質オーナーの木村氏の判断がどれだけ関わっていたかどうかで事件の大きさが変わってきます。

トップ自ら不都合なメールは、消しましょうという程度の捜査逃れで銀行を経営していたとすれば、この問題は非常に拡大していくでしょう。
また、どんなお膳立てをしても、トップが暴走すれば、全て瓦解することを証明してしまうことにもなります。

真偽は裁判結果を待たなければ分かりませんが、木村氏は、もともと朝日監査法人やKPMGという監査法人との繋がりも深いだけに動静を注目しています。

スポンサーサイト
カテゴリ :経営 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://cfohiroshi.blog102.fc2.com/tb.php/482-736859d9

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。