FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トレハロース

 2011-02-06
林原という岡山にあるバイオ企業が、破綻し再建を探っているというニュースが流れています。

何故岡山にバイオのすごい企業があるのかということもありますが、ご存知の方のもいらっしゃるように夢の砂糖とも呼ばれるトレスロースを100%近く世界市場で独占している企業の危機ということが驚きです。

もともとトレスハースは、砂糖よりも優れた性質を色々持っているので、注目されていましたが、生産が高価で商業生産が出来ませんでした。

林原は、でんぷんをトレハロースに変える酵素を発見し、世界で初めて大量で安価な生産に成功したわけです。

トレハロースは、鮮度を保つ、食感を高める、保水性を高めるなど食品、化粧品、医薬業界が求めていた特性を持っています。例えばスナック菓子やカップ麺、美容液、などすでに広い商品に使われています。

もうあなたの体の中にもたくさん入っていると思って間違いないです。

さて、こんなに需要が強い製品を独占して生産できる企業が経営危機になった?

答えは簡単で、本業以外の不動産投資や多角化に走ったわけです。
本来は、本業の研究開発費を安定的に捻出する副業として手がけていたようですが、逆にリーマンショック等で地価が下がり一気に資金繰りに来たようです。
非上場企業というのは、いくら規模が大きくなっていても、このように経営の稚拙さが見えないリスクが大きいことを示した結果となりました。

さて多くの金融機関がなんとかこの企業に再建の道をと検討を始めたようです。
私見では、一度清算してしまったほうが良いのではないかと思います。
JALの例のように、多くの人と金を突っ込んでも、清算した場合の何倍もの労力を使うことになり、結局は日本経済には貢献しないことになります。

清算を決めて、収益部門を食品会社等に売却し、その売却先で事業継続を図るのがもっとも健全な道でしょう。














スポンサーサイト
カテゴリ :リスクマネージメント トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://cfohiroshi.blog102.fc2.com/tb.php/509-65a60103

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。