FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

営業利益率と失業率

 2011-02-07
日本の企業の経常利益率は、3%前後と長く変わっていません。

100円売り上げて3円の利益とは、なんとも淋しい数字です。しかも税引き前です。

さてUSと言えば、10%前後、ドイツや中国は7%前後といったところです。

そんな数字を前にして、日本の生産性は諸外国に比べて悪い酷いという議論がよくなされます。


ちょっと待ってください。では失業率はどうですか?

USは10%前後、日本は5%前後......

でも諸外国の方が税金を使って失業者に手厚いという側面もあるでしょう。
また統計の取り方が違うということもあるでしょう。


さて企業の損益構造上で一番大きなコスト要素は何か?

業界によっても違いますが、人件費が一番大きいと言えるでしょう。


日本の給与水準は、世界的に一番高い方だし、しかも失業率も酷くはない......

そう考えると、企業が人に厚く手当てをしているから、経常利益率も悪いとも推測できます。

それで長期的に企業が継続して発展するのなら、何も経常利益率を10%以上も出す必要はないのではないかという見方もあるでしょう。


利益をたくさん出して、投資家により多く還元するか、利益率を落としても人に厚く経営するか、哲学の問題のように思えてきますが、もともと終身雇用文化が根強かった日本では、後者になるのは当然の帰結です。


但し言えるのは、経済はある程度のインフレを目指さないと長く持たないということです。

日本活性化のためには、もう少し高いところを目指す必要がありそうです。








スポンサーサイト
カテゴリ :政策 トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://cfohiroshi.blog102.fc2.com/tb.php/510-0196857f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。