FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

IT、次の主戦場

 2011-03-17
世界の歴史に残る規模の大地震、被害に合われた方々へ哀心よりお見舞い申し上げます。

これだけの規模の津波被害になると、インフラが根こそぎなくなって文明の無力さを再確認することになります。

一方では、原発が暴走気味となり、先端技術を弄んだ罰のように私たちの先行きを不安に陥れています。
便利さだけを追求してきた人類の自業自得なのでしょうか?

自然のものであれ人工のものであれ、何れは崩壊していくという時間のスケールから言えば、何百年に1回の被害だから致し方ないとも言えます。なんとか最善を尽くして復興を目指すしか手はありません。

今回は、直接の被災地以外にも広く余震や別の地震が連発し止まらず、また電力やガソリンの供給不足が影響し、広くインフラにも障害が出ました。

多くの企業では、状況に応じて今週は在宅勤務としているようです。
一昔前は、無理に出社するか、お休みにするかであったのですが、今はITのモバイル環境が整い、在宅でもほとんどオフィスと変わらない仕事を継続できるわけです。

また今回の地震で聞かれたのは、社内システムのアクセスは切断されたが、クラウド環境のシステムは、問題なく動いたと言うことです。

ですから、企業によって、在宅勤務でもITに支障がない人と支障がある人がいるようです。

もっともな話で、クラウド環境は、一般に堅固な専門業者が運営する分散されたデータセンターを使っていますから、一地域に大きな災害が起きてもストップしない仕組みになっています。

そんなわけで、今回の大地震をきっかけにますますクラウドビジネスは、注目を浴びそうです。

ITの主戦場も一企業内部から企業の外に移ってきています。



スポンサーサイト
カテゴリ :ビジネストレンド トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://cfohiroshi.blog102.fc2.com/tb.php/512-255b724f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。