FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

なぜコンプライアンス問題は、なくならないのか?

 2015-08-17
オリンパス事件が少し記憶から薄まってきたと思ったらから東芝....また最近コンプライアンス問題が話題になっています。
古くて新しい問題と言ってしまえばそうなのですが、それだけ難しい経営課題とも言えます。
経営者と言えども一人の人間です。
欲に惑うこともあれば、自分はそうでなくとも組織として気がつくと手を染めていることもあります。

そんな厄介なこの問題をルールで縛り抑制しようと2000年以降、US SOX法に倣い日本でも内部統制ルールが整備されました。しかし、それ以降もコンプライアンス問題が絶えることはありません。
結局、様々な努力は外形作りに終始して魂が入っていない(実質担保出来ていない)という会社が多いようです。
暫く何も事件が起こらなければ、内部監査部門のコストや存在意義まで問われかねないのが世の常です。
存在意義まで問われなくとも、外形的な報告書が上がっていれば、満足している経営者は多くいます。

果たして監査法人は、社長に対していつでもオープンにアクセスする機会を与えられていたのか?
果たして内部監査部門は、自由に調査報告する自由を与えられていたのか?
社外取締役は、機能していたのか?
内部通報システムは機能していたのか?
役員への内部統制やコンプライアンスに対する教育は十分なされていたのか?

など問題を起こしている企業、これらいくつか質問をあげただけで明らかに問題を抱えていることが分かると思います。

私の経験では、監査に従事者の傾向として、専門性は高いが、ビジネス全体を俯瞰する力が弱く、重要なポイントを見逃してしまいがちという問題も別な大きな問題ではないかと思います。
監査部隊にもビジネスオペレーションに豊かな経験を持つ人材の投入が必要でしょう。

さて、どうすればあなたが社長のコンプライアンス問題をマネージできるのか?
またお話する機会があればと思います。






スポンサーサイト
カテゴリ :コンプライアンス トラックバック(0) コメント(-)
タグ :
トラックバック
トラックバックURL:

http://cfohiroshi.blog102.fc2.com/tb.php/564-1eba0774

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。